--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.12

Ustreamの高画質配信の方法。(放送編)

設定が終わったら、やっと配信ですっ。


まず、放送する前に、最初にEncoder3を起動させて、Startを押してください。

ここでちゃんと、左下がStreaming to Primary....
と表示が出るとOKです。特に変なエラーが出なければ。

Encoder07
ちゃんと動けばこうなるはず。


次は、USTREAMのサイトにいきます。
http://www.ustream.tv/
ログイン名とパスワードを入力してからBroadCast押してください。
UST01
BroadCastをクリック
UST02
こういう画面が出てきますので、Start BroadCastを押してください。
UST03
するとこういう表示が出ますので、これで放送開始されてます。
UST04

確認の方は、your Showをクリックし、Go To Show URLというところを押してもらうと
UST06

こういうのが出てきますので、ここでリスナーの人は見ることになります。
人に見てもらいたい時は、ここのURLを教えてあげましょう。

あとは、SCFH SDFで取り込みをします。
SCFH

まず、LanguageをExternalに設定してください。これで日本語になるはずです。
そして、自分が取り込みたいところをターゲットでDrag Here.押してドラッグしつつ映す画面に持っていってください。
一応、範囲選択を押して自分がうつしたい所だけ選択することも可能です。

後は、オプションですがアスペクト比維持だけをチェック入れておけばOK。

スレッド数は、1~4までありますが、2でOKです。

そして重要な縮小方法ですが
SCFH01

DirectDraw、Direct3D、Softwareの3種類があります。
下に行くほど負荷かかり重たくなるので、注意してください。
Vistaは、Softwareに設定してください。
重たい場合は、DirectDrawにしたりするといい。
最後に適用を必ず押してください。

快適なUST放送をお楽しみくださいませ。
この記事へのトラックバックURL
http://hoihoigo.blog119.fc2.com/tb.php/228-5013d526
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。