--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.11

Ustreamの高画質配信の方法。(Encoder設定)

XMLファイルを落としたら、次にEncoderの設定です。


まず、Adobe Flash Media Live Encoder3を起動させて下さい。
スタート>プログラム>adobe>adobe flash media live Encoder3

こういう画面が出てくるので
Encoder01

設定を行います。
まずは、File>Open Profilesを選択
さっき落としたXMLファイルを選択します。

選択したら、Stream to Flash Media Serverと言うところにFMS URLとStreamというとこにちゃんとアドレスが入ってると思います。

=注意=
もしFMS URL or Stream、アドレス等は入ってない場合は。

落としたファイルを右クリックして、編集を選択してください。(ワードパッドで起動させるといいかも)
すると、色々文字が出てきますのでそこから

FMS URLなら、「rtmp://(略」を探してください。
同じく
Streamは、その下に書いてありますのでよく探して見てください。
(空白が一文字ずつ開いてますが、普通に戻してあげてください。)


FMS URL とSreamが入力が終わったら、次はVideoの設定です。

Encoder05

1のDeviceが画面デバイスといい、さっき落としたSCFH DSFを使って、取り込みをします。
取り込みソフトは、他にManykam(メニカム)VH Screen Captureがありますが、使いやすいさ的には、SDCF DSFをオススメします。

2は、Format(VP6とH264の二種類がありますが、UtreamではH.264は安定しないのでVP6に選択します。(切り替えは、Presetのところを選択するとおk)

3は、Frame Rate(フレームレート)と言い、ここの数値によってカクカクか、ぬるぬる動くか決まってきます。私は、30.00FPSで選択してます。もし、PCが重たい場合はフレームレートを低く設定見てください。

4は、InputSize(解像度)放送する解像度を設定します。基本は、320×240ですが、そこらへんは好きに変更してもらって構いません。640×480でも十分動くはずです。

5は、Bit Rate(ビットレート)いくらで送受信するかっていうことです。そこら辺、私も分かりませんが、300~400Kpsにしてたほうがいいです。あまり高すぎると、見る側でトラブルが出ますので。

あと、その横のOutput SizeはさっきのInputSizeと同じ解像度にしてあげるといいですよ。

Cropは、チェック外してもOK。
TimeCodeにチェックをいれて設定。

次にDeviceのところに、スパナボタンがあるのでそこをクリック。

Settingsと言うところが出てくるのでInputSizeとFramerate同じ解像度を入力してください。

Encoder02

次にFormatの所にスパナボタンがあるのでそこをクリック。
Encoder03
色々出てきますが、Qualityの設定をGood or Avgに設定してあげてください。余り高すぎるとPCに負担がかかりますので調整しつつやって見てください。

Maintain Aspect Ratioは、チェック入れてもらって構いません。

Audioは次へ。
とりあえずこんなところかな。
この記事へのトラックバックURL
http://hoihoigo.blog119.fc2.com/tb.php/224-bbf97148
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。